FX取引で有利になる外貨について比較する

FXを比較することで見られる取引の本質を端的に表すと、国の基軸通貨の価値の差を利用して利益を得る投資形態となります。為替取引で利益が生み出せるのは国によって通貨の信用性が異なるためであり、国同士のパワーバランスが変われば利益率の高い外貨の組み合わせも変化してきます。

FX取引では通常、いくつかの外貨をひとつのパッケージにして購入することでリスクを軽減する、という手法がとられます。基本的には発展途上国と先進国の通貨の組み合わせが安全であるとされていますが、それはあくまでも比較的リスクが低くおさえられるということであり、絶対の指標ではありません。

先進国よりも発展途上国の通貨のほうがリターンが大きいのは国としての信頼が不安定であることの証であり、タイミングが合えば一度のトレードで数百万円単位の利益を生み出すことが可能です。その反面、損失のほうもその分ふくらんでしまうという危険性もあり、ベテラン投資家になるほど先進国の通貨をメインで保有しリスクヘッジをはかる傾向があります。

投資先の外貨を比較する材料としてはその国の政情が重要なチェックポイントとなります。FXは国内だけでなく海外のニュースを常に把握し、比較のメソッドを徹底させることによって発展途上国の外貨でもリスクを適切にコントロールすることができます。